豊島区池袋の相続税税理士

池袋で相続税に強い税理士

東京都豊島区南池袋3-16-7MKビル6F
TEL03-6907-1394

相続人とのトラブルを避ける【豊島区池袋相続税理士】

相続人とのトラブルを避ける【豊島区池袋相続税理士】

相続でもめる「お金」「本家」「愛情」の3つ

相続トラブルのほとんどが、遺産分割の同意が得られないことに発端します。

いくら遺言があろうと、法定相続分に乗っ取ろうと、決まりがすべてではないのです。

焦点となるのは「お金」「本家」「愛情」の3点です。

お金はいうまでもなく財産。

本家は「持ち家を継ぐ」という物理的な相続だけではなく、家の跡取りや墓守といった「役割」を引き継ぐことです。

そして一番やっかいなのが、「愛情」です。

これは子世代が親からどれだけ愛情を得たかという、物差しでは測れないものです。

考え方や立ち位置ひとつで価値が変動してしまうので、いくら議論をしても答えは出ません。

特に普段交流のない相続人とはこじれやすい傾向にあります。

当事者間だけで話が済めば良いのですが、ときに相続人の妻や夫、親類など、周囲の人々が口を出してくることもあります。

同居や介護をしていた相続人はその分考慮してほしいと思うでしょうし、孫がいれば教育費として多く相続をもらいたいと考えるのは当然です。

相続問題は、決して当事者だけの物ではないのです。

 

日頃から関係を構築してスムーズな相続を

相続人同士のトラブルを避ける方法の根幹は、親への対応と変わりません。

日頃の関係性が大事になってきます。

普段から交流があり、状況がわかっていれば感情的になりにくく、自然と譲り合いの気持ちも芽生えます。

大げさなことをしなくても、年末年始の挨拶、お土産やお中元を贈るなど、そうしたちょっとした心遣いで良いのです。

また、同居・介護をしている兄弟やそのご家族にはねぎらいの気持ちを伝えましょう。

もし介護をしているのが相続人以外の人なら、養子縁組や遺贈など、分割内容を考慮するようにするのも良いでしょう。

親と相続について話をした場合、その内容は他の相続人たちと共有しておくと、相続の際にスムーズに話が進みやすいです。

可能なら、口約束ではなく明文化しておきましょう。

また、生前贈与や援助を受けている場合は、他の相続人に隠さないことが無難です。

特に過去3年までの生前贈与は相続に含まれますので、隠していたところでばれてしまいます。

ならば、先んじて伝えてしまったほうが良いでしょう。

 

一族の関係性が大事

相続を損得で考える人がいますが、負債でない限り、相続を受ける時点で財産は物理的にプラスしかなりません。

ただその量が多いか少ないか、どれだけ税金で引かれるのかというだけです。

相続後に一族の仲が険悪になり、いつまでも引きずるくらいなら、互いを尊重し、気持ちよく協議を終えた方が、断然「得」といえます。

豊島区池袋の相続なら石丸税理士事務所

«