豊島区池袋の相続税税理士

池袋で相続税に強い税理士

東京都豊島区南池袋3-16-7MKビル6F
TEL03-6907-1394

相続でもめる3つの事項【池袋相続税理士】

相続でもめる3つの事項【池袋相続税理士】

相続紛争は人事ではない

平成27年の相続税法改正によって、首都圏に持ち家がある家庭では、2人に1人程度は相続税の申告が必要な時代になりました。

もはや相続税は、一般的な家庭にも無関係ではなくなったのです。

これまでは申告の必要がなく相続していたものが、納税の義務が発生することで財産を手放すはめになったり、それによって相続人同士で相続を争う「争続」問題に発展する可能性もあります。

相続の分割におてい、主に争いの原因となるのは「遺言の有無」「本家の相続」「生前贈与や介護」の3点です。

まず「遺言」の有無ですが、有効な遺言が残っていれば、相続が起こる可能性はかなり下がります。

遺言自体に強い強制力はありませんが、被相続人の医師の現れである遺言を無碍にする相続人はいないでしょう。

ただし、実際に遺言書が残されているケースは、全体の1割程度とも言われれています。

それなりに財産を持つ人であれば別ですがl,一般的な家庭では「遺言を残すほどの財産もないし」と、遺言書の作成に消極的な傾向があります。

また、たとえ遺言書を書いたとしても、自己流で書いたり、正しい書式でないために無効になってしまうこともあります。

次に「本家の相続」について、同居している相続人がいればまだ話は進みやすいのですが、最近では核家族化が進み、二世代で同居している家庭は減少してきています。

一次相続ではまださほどの問題になりませんが、二次相続の際、空き家となった家を誰が管理するのか、それとも売却するのか、その場合は墓守を誰がするのかなど、「家の相続ありき」で通用していた事柄を一から考える必要が出てきます。

そして最後に、一番争続を引き起こしやすいといっても過言ではない「生前贈与・介護」です。

生前に親から受けていた援助、逆に親へしていた介護や世話といった、数値測れない事柄は感情的になりやすく、議論がエスカレートして水掛け論に発展してしまうけーうもあります。

自身の主張ばかりになってしまうと、いつまでも相続人同士の意見はまとまりません。

 

相続はだれか1人の問題ではない

相続人同士のみならず、相続人の妻や夫といった非相続人口出しや、相続の時になって判明した非嫡子愛人の存在など、実際相続があるまで何が起きるかはわからないですし、何が起きてもおかしくはありません。

ただ、事前にできるだけ争いの芽は摘んでおく方が得策です。

遺産分割においては、親の意思がしっかりしているうちに遺言書を作成してもらう、または他の相続人とそれとなくでも話をしておくことができます。

相続はいつ起こるかわからないものですし、相続人が1人で勝手にあれこれ決められるものでもありません。

相続に関わる人物とは、日頃から交流を持ち、意見交換を行なうと良いでしょう。

奇しくもこの度の改正で相続税は注目されています。

これを機会に一族で相続の話をされてみてはいかがでしょうか。

豊島区池袋の相続なら石丸税理士事務所

« »